profilegallerylinks田和毛野吾宅ブログYARZtwittercontact
 
有田武生の作品スライドショー| My Space(Ari) | My Space(yarz) | youtube | Ustream | Shop | Photoアルバム

繁田統央(読売新聞)撮影

フォトアルバム

有田武生 渋谷ジャンジャン 1971 Super Human Crew 1971 有田武生 有田武生 日比谷野外音楽堂 パンプキンパラダイス 有田武生 1976 有田武生 1987 有田武生 佐賀町エキジビットスペース 三上浩展
23才
渋谷ジャンジャン
Super Human Crew
有田泰而撮影
日比谷野音
青木基子撮影
アケト当時29才
有田泰而撮影
40才頃かな
達川清撮影
三上浩展にて
達川清撮影

1947年 9月16日 北九州市小倉区生まれ、乙女座、O型
ちなみにBBキング、ピーター・フォーク、ジョージ・チャキリス、ジャン・アルプ、リー・クアンユー、ローレン・バコール、デビッド・カッパーフィールド、ミッキー・ローク、緒方 貞子、古橋 廣之進、竹久夢二、などと同じ日。
1966年 上京する。 東京造形大学入学、彫刻を専攻。
東京に出てきた理由はそれであったが、彫刻へのこだわり以上に時代の影響は大きく、今、生きたリアルな表現はロックであると確信。学生時代音楽にも深く関わるようになる。
1971年 BLOW UP というバンドを組む。レック&ヒゲ(のちに3分の3、フリクション)、杉田(のちにSUPER HUMAN CREW)。NHKなどに出演するも短期間で解散。
G.HitokiプロデュースのオムニバスLP"BLUSH"に参加、"GREY HOUND BUS"(作曲演奏:有田武生、作詞:ジェシカピータース)をワンマン多重録音にて収録(アオイスタジオ)。
卒業後、西荻窪のJAMというワークショップ(姉夫婦主宰)に参加。アクセサリーや店作りなどの実作業を通じ、ファッション関係の時代の流れも体感する。G.Hitokiと出会ったのも西武デパートでのフリーマッケットにアクセサリーを出品して店番をしながら自作の曲をカセットで流していたのがきっかけだった。
突然、レコーディングという話になったのだ。
1972年 有田武生(アリ)は自分の言葉で表現するロックバンドSUPER HUMAN CREWを結成。ライブハウス「OZ」でリハーサルの日々を送る。メンバーは有田武生(Vo,EG)、ビショップ(Ds)、スギタ(Bass)。原田詳経(Kb)やオクノ修が参加した時期もある。当初からインプロビゼーションを中心としたパフォーマンスを繰り広げ吉祥寺OZや渋谷ジャンジャン などで活躍。 ライブハウス「OZ」は後に西荻窪ホビット村の村長もやった川内信也と有田武生が店作りをし、手塚実(のちに裸のラリーズのマネージャー)が店長を務めた。初期ブッキングを担当したのはミュウ橋本(のちに外道やミッキーカーチスなどのマネージャーを務める。)
11月5日
「ZEROCK」武蔵野美術大学
共演:裸のラリーズ、イエロー、アナベルリー 他
1973年
5月2日
「ロック・スーパー・セッション」日比谷野外音楽堂  共演:裸のラリーズ、四人囃子、タジマハール旅行団
7月10日
「ホット・ウェーブ・ロック」池袋・シアターグリーン
共演:やまたのおろち    フライヤー
9月8日
餓鬼地獄(新潟県長岡厚生会館)
共演:キャロル、大木トオルとザ。サード、角田ヒロとスペース、バンド、ギリヤーク尼崎、吉沢元治
1975年 G.Hitokiとアケト(音楽を中心に映像、照明などマルチメディアを指向するプロジェクトチーム)を結成。アケトとは当時アリが興味を持っていたエジプトのヒエログリフから見つけ名付けた。意味は地平線である。そのサイケデリックなステージングは天才照明家山田卓史の功績が大きい。彼はアケト、裸のラリーズでの照明の他、御殿場花祭り、神大オールナイトレインボウショウ、京大西部講堂 などでも輝いていた。アケトメンバー:有田武生(Vo,EG)、G.Hitoki(Vo,EG)、井手萌子(Kb)、ビショップ (Ds)、Aka(Bass) カウンターカルチャーシーンでのすさまじいビッグムーブメント であったピースキャラバンとジョイントして全国を回る。アケトをヒトキと共にの結成、活動をする。
4月8日

アケト ピースキャラバン御殿場コンサート。ミルキーウェイピースキャラバンの出発点とも言える、今や伝説のコンサートである。

日本山妙法寺境内仏舎利塔前広場
出演:裸のラリーズ、アシッド・セブン・ファミリー・バンド、久保田麻琴と夕焼け楽団、CCCマントラ・バンド、ジュゴン、南正人グループほか。
6月28-29日
アケト「オールナイト・レインボーショウ」出演 神奈川大学大講堂
出演:南正人、夕焼け楽団、めんたんぴん、裸のラリーズ 他。
8月23-24日
アケト 第2回夕焼けまつり (石川県山中温泉水無山スキー場)特設ステージ
11月3日
アケト「Midnight Gangstar」 明治学院大学
12月10日
アケト 「浮上した幻のビッグアーチスト」パンプキンパラダイス主催 目黒 杉野講堂大ホール
1976年 この頃、アケトを辞める。
6月28日
「オールナイト・レインボーショウ」アリバンド?という名でやったかどうか、記憶が不鮮明です。ドラムは旭川のシロウでした。 神奈川大学大講堂 
共演:アシッドセブン、夕焼け楽団、裸のラリーズ、タジマハール旅行団ほか。
8月3-4日
「第3回夕焼け祭り」 この時はベース飯田和久、ドラムス大家のトリオで演奏。 石川県鶴来町獅子吼高原) 共演:めんたんぴん、夕焼け楽団、上田正樹とサウストゥサウス、ほか。
8月11日
渋谷・屋根裏 この時は何という名前ででていたのか記憶無し。
共演:裸のラリーズ
12月17日
アリグループ「冬至祭〜諏訪之瀬島チャリティフェスティバル」
(立川社会教育会館) 共演:裸のラリーズ、サカキナナオ、セブン、ジュゴンほか。
1977年 南正人LP「喜望峰」に参加。 B面最初の曲"Every day"でギターソロを担当。
ムーンライトパラダイス 長野県 地蔵峠 アリグループで出演だったか?
1978年 ムーンライトパラダイス 長野県 戸隠高原 KEEBOWグループにギターで参加
1979年 第一次YARZを結成(当初はSHAKE YARZであった)。 国立や国分寺市富士本に原田詳経が設立したマーススタジオを本拠に活動。この時のベーシストは、故、大築準(後のスタジオリーフ主宰) ドラムスは山岡恭介
8月
ヤポネシアコンサート YARZの前身、SHAKE YARDSで出演 長野県美麻村遊学者講堂
共演:喜多郎、喜納昌吉、南正人 、セブン他
1980年 カセットアルバム「YARZ 美麻ライブ」制作。 メンバーはベース:大築準、ドラムス:山岡恭介
1981年 ONE LOVE CONCERTに出演。
メンバーはキーボード:原田祥経ベース:木村茂範 ドラムス:山岡恭介
国立市一橋大学兼松講堂
共演:南正人、喜多郎、トラベリン、憂歌団、白竜、山尾三省、他
1982年 この頃より、友人の志津雅美と組み、石の彫刻、絵などの作品制作を再開する。
1984年 DOES展(12人の作家展)企画、出品。原宿アットギャラリー
1987年 以後、数多くの野外作品を制作。 品川八潮NT(モニュメント)、浦安市(波石)、高坂NT(古紋)etc.
1988年 1月 妻子とインド、ネパール、タイなどの無計画旅行をする。
8月
YARZ 八ヶ岳、命の祭88に出演。 この時のドラムはシュウ
10月
コンサート(前代未聞)企画出演。 吉祥寺バウスシアター
出演はYARZ、ひのこバンド、チナキャッツ 詩、ジャン中村
司会:キコリ ステージデザイン:タダツタケシ・川内シンヤ
1989年 カセットアルバム SINGIN` IN THE NIGHT 制作。 彫刻の仕事をして行く形としての会社、SORAを設立。
多摩中央公園にて VOICE OF STONE (住・都公団後援)企画参加。
ギャラリーKIGOMAにて楽展(個展)を開催。
1990年 CD "VOICE OF STONE "制作。このCDは彫刻の仕事がらみで、多摩センターでの石のワークショップ時のパフォーマンスを録音したもの。 3月、SORAのスタジオ兼オフィスを国分寺市戸倉に移す。
多摩中央公園、有用植物園に、しるべ石「紙」制作設置。
1991年 青森、六ヶ所村で催された IN CELEBRATION TO LIFE に参加、演奏する。ベース:ポリ ドラムス:山岡恭介
CD ARI LIVE IN ROKKASHO 制作。
多摩NT蓮生寺公園に「STONE MAN(古紋石)」を制作設置する。
1992年 埼玉県松伏町に田端優子作「そらを飛んで」(ブロンズ像)の為の台石、歌石、孫石を
制作設置。
1993年 熊谷守一美術館ギャラリー榧にて「楽展93」開催。
1994年 YARZは有田武生(Vo,EG)木戸靖(Bass)吉田ケンゴ(Ds)という今のメンバーにな る。
1995年 Macintosh コンピューターを導入、没頭する。 港北NT「仮名石(十二支)」ね、うし、とら、う制作設置。
ワークショップ MUSIC FARM(稲城市後援)
多摩NT蓮生寺公園、園名石、しるべ石制作設置。
1996年 ソラホームページ開設  港北NT「仮名石(十二支)」たつ、み、い制作設置。
足立区竹の塚公団住宅エントランスに田端優子作「心の実」の台座彫刻と
車止めを兼ねたCOCORO石群制作設置
1997年 JLCAなどのホームページ制作を始める。
1998年 港北NT「仮名石(十二支)」完成
2001年 21世紀。
2002年 このあたりデーター捜査中m(_ _)m
2003年
4月19日〜20日
BACKGROUND コンサート 入間中央公園
5月11日
国立地球屋 オープニングコンサート 大学通り沿いの地下スペースを不動産業の友人より聞き、地球屋の石井理恵子に紹介。オープニングとなった。
7月20日 
Link of Music at NASPA 宮城県仙台 NASPA特設ステージ
共演:花&フェノミナン 他
8月17日〜19日
ぽんぽこ銀河コンサート 新潟県佐渡島
9月11日
Be-in   千駄ヶ谷明治公園特設ステージ
10月4日
INNER FLASH コンサート 法政大学学館ホール
11月1.2.3日 
武蔵野はらっぱ祭り 小金井市都立武蔵野公園特設ステージ
2004年
3月11日
ボブディランの「Desire」の印象的な演奏を繰り広げたバイオリニストスカーレットリベラさんを招いて、楽しく充実したセッションをやれました。 国立 地球屋
4月18日
アースデイ2004 代々木公園ステージ
4月25日
グルグル祭り  入間市中央公園
5月24日
ラブ&ピース&フリーダム!「KALI-FLOWER 開店30周年記念オールナイトパーティー」アリ・ソロ演奏。 新宿ロフトプラスワン
8月6日
Electric Pure Land STARS#1
PURPLE DAYS初台 The DOORS
共演:Be森下、悲露詩ex.裸のラリーズ
8月15日〜17日
ポンポコ銀河コンサート 新潟県佐渡島
9月11日
Be-In 千駄ヶ谷明治公園特設ステージ
10月9日
山梨「高い風」コンサート 山梨県須玉リューベンヒュッテ特設ステージ
12月26日
はらっぱ文化祭  小金井市公会堂
2005年
4月23日
アースデイ東京2005  代々木公園野外ステージ
6月19日
太陽と月のまつり  京都京大西部講堂
10月
アリの未発表曲集「透明な交差点」発売 SORA Studio
2006年
8月5日
満月祭 福島 獏原人村
8月26日
カニ坂ロックフェスティバル 福生カニ坂公園
9月9日
白山 虹の祭 石川県白山市獅子吼高原
2007年
4月25日
My Spaceをはじめる アリ版はコチラ
8月04日
映像作品hexagonを初めてYoutubeにアップ
8月
獏原人村の満月菜で演奏
9月16日
60thBirthday ライブ  国立地球屋
12月24日
田端優子展多摩センターにあるART SALON LIVE PLAZA ポランでソロライブ
12月31日
ヤスの誕生日「ヌートリアンCOUNT DOWN 2008(かけこみ亭)」にて演奏
2008年
1月08日
YARZライブ 所沢のライブハウスMOJO
03月06日 最新型MacPro購入
04月30日 E.G.P.P.100にてソロ演奏
06月08日 高円寺稲生座でソロ演奏
06月25日 YARZ+アケト ライブ
08月18日 Michi&Kennyレコーディング 長野県の宮下琵琶スタジオ
08月21日 稲生座でソロ
10月01日 recommuniというSNSサイトに音源をアップ
10月30日 武蔵野はらっぱ祭り第20回記念展に出品
11月27日 アケトで一夜特別再結成ライブ 初台のDOORS
12月07日 田端優子彫刻展のオープニングパーティーでソロ演奏
2009
  03月12日 第3回初台現代音楽祭にアケトで出演
5月1日2日 OSHINO DEADにアケトとMichi&Kennyで出演
5月30日 ヌートリアン祭りで演奏
08月06日 獏原人村の満月菜でアケト演奏
08月10日 Kennyこと千川健一亡くなる
09月26日 YARZライブ イン みずがき山リーゼンヒュッテ
11月04日 ネット展示「雑・粗・楽・適」開始
11月06日 100回記念E.G.P.P.100 に出演
11月23日 YARZライブ はらっぱ祭り
2010年01月21日 稲生座でソロライブ
2010
1月21日 稲生座ソロ
02月03日 ジュゴンの歌をレコーディング
02月03日 twitterに参加 aritatakeo
2月12日 YARZライブ 地球屋
03月9日 母 93歳で亡くなる
04月24日 ジュゴンのCD「響き渡れ9条」完成
05月08日 Ustreamをはじめる。
05月25日 YARZ はらっぱ祭りDVD完成

9月11日 明治公園で行われたBE-IN-TOKYOにて唄う。
9月26日みずがき山リューゼンヒュッテにてYARZ演奏。
11月23日YARZ はらっぱ祭り出演」
2011  
3月11日 東北大地震
3月12日 福島原発事故

All Contents by soranet. Copyright(C) 2008. All Rights Reserved.